ご夫婦でRootsgraphy

2019/02/10

Rootsgraphy in 滋賀

 

 

 

久々に旧AKIZUKI galleryの向かいのカフェに来ています。三重県志摩市でのRootsgraphyの帰りに寄ってひと仕事&ブログなど。家に帰ってしまうとダラけちゃうので。

 

 

 

今日は5時起きの6時出で3時間弱かけて志摩まで行って来ました。志摩神明駅という無人駅に集合して、ご夫婦が8年ほど住まれていたルーツを一緒に歩いて周りました。志摩神明駅は線路に挟まれたアイランドステーション(僕命名)。あんなにも味のある駅は久しぶりに見ました。きっと古い駅なんだろうけど、お二人が言うには、駅名の標識やICカードの機械の設置など、新しくなっているところもあったようです。

 

 

 

奥様は駅周辺にお住いの時はこのローカル線を使って名古屋や京都、大阪に行かれていたようで、かなり懐かしがられていました。ご主人に関しては、駅近にお住いだったにも関わらず、車社会の志摩では電車を使うことがほとんどなかったようです。同じマンションに住んでいてもこの駅との繋がり方に違いがあるのが面白かった。

 

 

 

その後は、駅近くのホテルプロヴァンスさんに撮影許可をもらい2階のサロンでちょっと撮影。「何に使う撮影なんですか??」と聞かれたので「なににも使いません 笑」とお答えしておきました 笑 Rootsgraphyの詳細を説明して、あくまでも個人のメモリーとしてルーツを辿る撮影をしていることを理解していただきました。素敵なホテルだったなー。温泉もあるようで。

 

 

 

ホテル前でも記念撮影してから車移動。賢島へ。2016年伊勢志摩サミットで使われた志摩観光ホテルを観光。立派なホテルでした。サミットで各国の首脳が集合写真を撮ったところで三人で記念写真を撮ってから、月一でお仕事で通われている美容室へ。撮影許可を既に貰ってくださっていたので、室内でプロフィール風写真を撮って今日はおしまいでした。

 

 

 

志摩は遠かった!でも天気も良く本当に行ってよかった!おしゃべり好きな奥さんとすごく優しい雰囲気の旦那さん、お二人との会話も楽しく、充実した1日でした。Rootsgraphyのためなら志摩くらいの距離(車で片道3時間くらい)なら楽勝だなと。

 

 

 

Rootsgraphyはこのままただただ撮り続けるのではなくて、最終的に写真展を開催することにしました。まだ人数的にじゅうぶんではないのでこれからも撮り続けるんだけど、ある程度の数を撮ったら展示をします。写真にモデルさんのルーツなんかも分かるようにして、過去を辿る楽しさを表現出来たら嬉しいな。

 

 

 

まだ未定ですが、Rootsgraphyも人数を限定してお受けしようと思っています。Rootsgraphyのページを作ったら正式に発表しますが、写真展に自分の写真を飾られたい人はぜひ早めにRootsgraphyにお申し込みください。

 

 

 

そういやこれも無人駅でとったRootsgraphyだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rootsgraphyのお申し込みはこちら

 

 

 

2/17, 18の東京枠は締め切りました!19日なら東京でもお受けできます!

 

 

 

さて、帰ろう

 

 

 

=====================

 

 

 

【お知らせ】

 

 

 

人生のルーツを辿るRootsgraphyプロジェクト

http://bit.ly/2TDYEvf

2/19東京でお受けできます!

 

 

 

秋月武の旅する写真教室

https://bit.ly/2TwUzJE

 

 

 

プロフィール写真撮影のご依頼はこちらから

https://www.takeshiakizuki.com/photosession

 

 

 

秋月 武の旅写真Instagram(たまに猫)

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki/

 

 

 

秋月 武のポートレートInstagram

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki_portrait/

 

 

 

秋月 武のFacebook

https://www.facebook.com/takeshi.akizuki.7

 

 

 

秋月 武のtwitter

https://twitter.com/takeshiakizuki

 

 

 

秋月家のLINE@(嫁と運営しています)

https://line.me/R/ti/p/%40dbk1430d

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload