あなたの原点と再会する撮影サービスを始めます(必読)

2019/01/08

Andy and Charissa in 2014

Hasselblad500cm

 

 

 

※満席のためモニター枠は締め切りました、現在は通常料金でお受けしております

 

 

 

もう

ほんまに興奮が止まらんわ。。。

的確すぎるわ。。。

 

 

 

写真教室の件どうなった!

わかるわかってる。

でも昨日はそれどころじゃなかったんや、

とりあえず話を聞いてくれ。

写真教室の詳細は必ず今日中に!)

 

 

 

昨日の家族新年会

(何家になるんだろう?青山家?秋月家?)

で起きた事件を見てくれ!

そうオレのデコだ!

オレのデコが光り輝き過ぎる事件だ!

違うわ!

 

 

 

 

 

 

焼肉を食いながらふと出た会話で、

秋月家にとっての

”芦屋の母” こと青山由美さん

1/4に行われたトークイベントの

打ち上げ?ディナー会?で

お隣の席に座った女性から、

 

「明日タケシ君(もちろん僕のこと)に

 写真を撮ってもらうんです。

 京都にあるおじいちゃんのお墓の近くで

 (↑だいぶ話端折ったからね)。」

 

という会話になったとのこと。

(この撮影は今週の土曜に延期になった!

 天候のせいや!)。

 

 

 

まずなぜこの食事会参加者の女性を

お爺さんのお墓の近くで撮ることに

なっているかという説明からすると、

 

僕の撮影ではお仕事に使う用の写真でも、

ただただ僕に撮られたいだけでも、

屋外で撮るときは

 

”ご自分の思い入れのある場所で

 撮るとこの撮影自体が

 素敵な思い出になりますよ”

 

と伝えていて、

それならば家族でよく歩いた

お爺ちゃんのお墓までの道のりを

歩きながら撮影して欲しい

という話になったからでした。

 

 

 

由美さんが

「私ならどこで撮ってもらうかな〜」と考えたら

「須磨(兵庫県)」が出てきたらしく、

 

「私なら須磨寺の緑の中で

 セミの鳴き声聞きながら撮って欲しいと

 思ってるねん〜、

 通ってた小学校とかも行きたいな」

 

と言ってくれた。

 

 

 

実は僕は個人の作品として、

モデルさんの自宅でポートレートを

撮ることを2014年から始めていて、

冒頭のAndyとCharissa

(二人は夫婦、英語教師プログラムで

 僕の地元に1年ほど住んでいた)

の写真が初めての自宅撮影でした。

 

 

 

 

 

 

それからというもの、

知人が誰一人いないサンフランシスコに

行っても現地で友達を作って

(もちろんこの自宅ポートレートのために!)、

たくさんの人を撮影させていただき、

帰国後も自宅ポートレート撮影のために

関東とかにも遠征をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでの撮影

 

 

 

 

 

 

 

自宅撮影のためなら関東、名古屋、四国、

どこへでも行っていた

 

 

 

自宅ポートレートの写真で

写真展をしたことがあって、

その時はタイトルを「home」にしたんだけど、

実はなんだかしっくり来ていなかった。

 

 

 

写真展が迫って来ていて、

仕方なしにつけたタイトルだった。

 

 

 

話は昨日の家族会議に戻るんだけど、

肉を食いながら由美さんに、

「タケシ君は人のルーツを撮りたいんだね〜」

と言われた時に本当にハッとした。

 

 

 

その後すぐ由美さんか嫁さんか

どっちか忘れたけど、

「Rootsgraphy(ルーツグラフィ)だね〜」と言ってくれて、

その言葉がストンと丹田(おヘソあたりね)に

落ちてきて、

ああ、これかー。

と妙に納得できた。

これがオレのやりたかったことかーと。

なぜ自宅で撮影をしてきて、

なぜ思い入れのある場所を

オススメしていたのか、

ずっと自分では言語化できずにいたことが、

一気にクリアになった。

 

 

 

そうだ、

僕はその人のルーツ、

歴史、

生きてきた証、

育って来た環境、

命を費やした時間、

人生を燃やした過去、

そんなのをひっくるめて一人の人間を

撮りたかったんだと。

 

 

 

なぜ、なんとなくフォトジェニックな場所ではなく、

一見なんてことない住宅街とかを

オススメしていたのかが

しっくりきました。

(今年の秋月家は”しっくり”を大切にします)

 

 

 

ただ単に人を撮りたかったんじゃないんだ、

人生を撮りたかったんだ。

 

 

 

昨日の会話をきっかけに

Rootsgraphyを始めます。

 

 

 

今お受けしている撮影では

屋外の1〜2時間程度の撮影で、

通常38,000円(税込)

いただいております。

 

 

 

Rootsgraphyはさらに時間を

要すると思いますので、

必然的に正規撮影料金は

40,000円以上になると思います。

 

 

 

まずはたくさんの方に体験していただいて、

ご感想をお聞かせいただきたいので、

限定価格で5名様のみ募集させていただきます。

※2月末までに撮影できる方限定

※満席のためモニター枠は締め切りました

 

 

 

Rootsgraphyモニター料金:35,000円(税込)

2019/02/01以降のお申し込みの料金は38,000円(税込)です

※交通費は実費請求いたします

※遠方の際は出張費を請求させていただくこともあります

 

 

 

厳選した40〜60枚のデータを

お渡しいたします。

お仕事用やSNS用に

ご希望であれば3枚まで

美肌修正も行います。

※美肌修正は4枚目から1枚4,000円(税込)

 

 

 

さらに、写真の原点である

モノクロデータも全データ分お渡しいたします。

カラー写真とはまた違った雰囲気を

楽しんでいただけると思います。

 

 

 

お申し込みは

「Rootsgraphyモニター希望」と

ご記入の上でお申し込みください。

ご希望の撮影地は

まだ決まっていなくても大丈夫です。

 

 

 

モニター価格は先着5名様のみ。

※満席のためモニター枠は締め切りました

 

 

 

撮影地を決めるのはもちろんあなたです。

あなたのルーツ

(ご自宅でもご実家でも

 地元の街中でも、

 通っていた学校までの道のりでも、

 昔働いていた街でも)

を一緒に旅しながら、

あなたの写真を撮影しましょう。

 

 

 

写真で辿る人生の軌跡。

 

 

 

お申し込みこちらから。

 

 

 

なお、既にRootsgraphyと

同内容の撮影をご依頼いただいている方にも

モニター価格を適用させていただきますので

改めてのご連絡は不要です

(そこのあなた達のことね!)。

 

 

 

この撮影がこれから始まる

あなたの人生の新しいルーツに

なりますように。

 

 

 

=====================

 

 

 

【お知らせ】

 

 

 

ポートレート撮影再開しました!

https://www.takeshiakizuki.com/photosession

 

 

 

秋月 武の旅写真Instagram(たまに猫)

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki/

 

 

 

秋月 武のポートレートInstagram

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki_portrait/

 

 

 

秋月 武のFacebook

https://www.facebook.com/takeshi.akizuki.7

 

 

 

秋月 武のtwitter

https://twitter.com/takeshiakizuki

 

 

 

秋月家のLINE@(嫁と運営しています)

https://line.me/R/ti/p/%40dbk1430d

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload