どれくらい発信してる?

2019/01/05

チベット in 2004

EOS kiss

 

 

 

チベットでは

こうしてたくさんの旗(タルチョと呼ぶ)が

そこかしこに飾られています。

 

 

 

チベット自治区区都のラサで

よく行っていた、

「三人で焼き飯を頼んだのに

 俺の焼き飯にだけ

 毎回髪の毛が入っている食堂」が

懐かしいです。

 

 

 

なんで俺だけ?

しかも毎回?笑

 

 

 

フリーランスの方と会話をしていると、

よく発信(SNS、ブログ、メルマガ)の頻度は

どれくらいが適切なのか?

なんて話題になることがあります。

 

 

 

多すぎるとウザいし、

少なすぎると忘れられると。

ある人はメルマガは週2回くらいが

丁度いいと言うし、

ある人はメルマガもブログも

毎日最低1回は更新しています。

 

 

 

僕も個人で活動している者として、

ちょっと気にしていたりしていました。

ブログは毎日更新しなきゃとか

インスタも頻繁に発信しなきゃとか。

でも多すぎたらダメだよねとかなんとかかんとか。

 

 

 

いろんな考えが交錯していたんだけど、

結局のところ表現者は

うざがられるくらい圧倒的に

発信することが

大切なんじゃないだろうか

という結論に至った。

 

 

 

とくに、まだまだ名前が

売れているわけではないなら、

一定数の人にブロックされても、

新しく自分のことを知ってくれる人が

どんどん増える環境作りを

しなきゃいけない。

 

 

 

発信を遠慮(僕はしてないよ)していたら、

「その他大勢」に埋もれて

社会的には存在していないのと

同じになるなと思っています。

 

 

 

花ちゃんのおみ足

 

 

 

ここ最近、

SNSなどの発信の大切さを

ひしひしと感じています。

インスタで全く知らない人から

撮ってほしいと連絡が来たり

facebookでフォローしていて

撮影をお願いしたいという方もいいたりして、

投稿の質ももちろん大切だけど、

圧倒的発信量も大切なんだと

思うようになりました。

 

 

 

質、量、そして手法。

この三つについてもっともっと

深く考える必要があると思う。

ブログのアクセス数が伸び悩んでいる人は

この3点をもっと意識したらいいと思う。

ウザがられても、

知られないまま生きているよりよっぽどいいと思うぞ!!

 

 

 

たまには男性も

ブーケWS懐かしい

 

 

 

さて、今日は友人家族が

AKIZUKI galleryに来るので片付けします。

近々AKIZUKI galleryを

レンタルスペースとしても

貸し出そうと思っていて、

その下見に来るとのこと。

 

 

 

AKIZUKI galleryは

撮影スタジオとしてはもちろん、

料理やヨガなどの教室としても

使っていただけます。

具体的な料金は

まだ決まっていませんが

(なんせやること多くて!)、

また決まり次第ご報告させていただきます!

 

 

 

レンタルご希望の方で

AKIZUKI galleryの見学を

希望される方はこちらからご連絡ください。

 

 

 

=====================

 

 

 

【お知らせ】

 

 

 

今日の写真もダウンロードできます。

http://dtbn.jp/2ddG1NR

スマホの壁紙などご自由にお使いください。

 

 

 

ポートレート撮影再開しました!

https://www.takeshiakizuki.com/photosession

 

 

 

秋月 武の旅写真Instagram(たまに猫)

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki/

 

 

 

秋月 武のポートレートInstagram

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki_portrait/

 

 

 

秋月 武のFacebook

https://www.facebook.com/takeshi.akizuki.7

 

 

 

秋月 武のtwitter

https://twitter.com/takeshiakizuki

 

 

 

秋月家のLINE@(嫁と運営しています)

https://line.me/R/ti/p/%40dbk1430d

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki