決断の毎日(昨日も大きな決断したよ)

2018/12/17

けまり祭 at 談山神社

 

 

 

今朝5:50、自宅のドアを出てすぐに

 

オナラが出そうになるも、

 

「あかんこれは大きな音出る!

 

このままでは俺の屁力(へぢから)で

 

隣人を起こしてしまう。

 

ただでさえ一人暮らしの女の子なんだから、

 

ここは驚かせるわけにはいくまい!!!!」

 

と我慢して、

 

京都でも一二を争う

 

閑静な高級住宅街である松ヶ崎の路上を

 

歩きながらププーーと屁をしたのは、

 

そう私です。

 

秋月です。

 

松ヶ崎の地価が下がったとか臭かったとか。

 

 

 

もはや毎日が同窓会

 

(久々のお客さんとお会いする)

 

のようになっているHANANINGEN KYOTOです。

 

毎日のように「お久しぶりです!」が

 

飛び交っていて、

 

その数だけまた会いに来てくれたんだ

 

と嬉しくなります。

 

逆に「あの人たちはなんで来てくれないんだ!」

 

となっているかというと、、、

 

なっています!!

 

でもよく考えたら超満席なので

 

あの人たちも来たくても来れなかったんだ、

 

彼女たちは被害者だと

 

自分を納得させています

 

(ほんま予約取れんでごめんやで)。

 

 

 

HANANINGEN KYOTOの

 

予約だけではありませんが、

 

「いつも目の前にあるもの」や

 

「いつでも出来そうな事」は

 

本当に「いつもいつでも」なんでしょうか?

 

言わずもがな、そんなことはありません。

 

また今度また今度と先送り先送りにしていても

 

その時は来ないかもしれません。

 

物理的な話です。

 

普段の会話で

 

「いつ死ぬかわからんよ、明日死ぬかもしれんよ」

 

なんて話は誰だって

 

した経験があるのではないでしょうか。

 

でも実際、本当に明日死ぬかもと

 

毎日を生きている人なんて

 

ほんの一握りだと思います。

 

僕自身も大多数の人と同じです。

 

 

 

いつまでも同じ状態が続くわけではないので、

 

日々の生活の中で

 

決断はなるべく早くするよう

 

心がけています。

 

チャンスや好機を逃すからです

 

(チャンスと好機って同じ意味か)。

 

 

 

つい昨日もあることを即決しました。

 

嫁的には一大決心だったようですが、

 

即決で正解だったと思っています。

 

 

 

行動を起こす前に迷うのではなく、

 

行動を起こした後に迷う(考える)方が

 

よっぽど健全な人生を送れるのだと

 

最近になって気づきました。

 

39歳で一番の気づきです。

 

 

 

決断を早める(焦るではない)のは

 

本当にオススメです。

 

 

 

この季節にポートレートを撮りたい方は写真をクリック

 

 

 

今日も美女で閉める。

 

 

 

=====================

 

 

 

【お知らせ】

 

 

 

ポートレート撮影再開しました!

https://www.takeshiakizuki.com/photosession

 

 

 

秋月 武の旅写真Instagram(たまに猫)

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki/

 

 

 

秋月 武のポートレートInstagram

https://www.instagram.com/takeshi_akizuki_portrait/

 

 

 

秋月 武のFacebook

https://www.facebook.com/takeshi.akizuki.7

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload