知らなかった事実。。。

2018/11/11

花ちゃん at AKIZUKI gallery

NIKON FM3A

 

 

 

花ちゃんが可愛いのが当たり前のように写真を撮ることは楽しいです。今では空気を吸うかのごとく当たり前のように写真を撮りますが、初めてカメラを持った20歳の頃は「しぼり」「シャッター速度」「ISO」なんのこっちゃでした。身近に写真をやっている人がいなかったのでこつこつと本を読み(当時インターネットはまだISDN回線が画期的技術!と言われていた時代なのでネットのことはよく分からなかった)、少しずつ少しずつカメラの構造や写真の基本を学びました。

 

 

 

最初はフィルムカメラから始まり、暗室作業でよくモノクロ写真をプリントしたりもしていました。いつからかデジカメが主流になり、今では日本全国1億3千万人総デジカメ時代に突入です。スマホを持っている=デジカメを持っている時代です。本当に便利になりました。昔から写真をやって来ている人の中にはこの状況を「デジタルが蔓延するようになって写真の風紀が乱れている」みたいなことを言う人もいるのでしょうが、なんのなんの、最新テクノロジー大歓迎です。

 

 

 

確かにフィルムカメラの独特の風合いは愛すべきものですし、僕自身いまだにフィルムでも撮影しますが、科学技術の進歩によって暗所でも綺麗な写真が撮れるようになったり、手ブレが起きなくなったりと写真の世界はより発展に向かっていると僕は感じています。

 

 

 

ドローンの台頭によって、今まで飛行機やヘリコプターからしかできなかった空撮がいとも簡単にできるようになりました。誰でも数万円で上空100mからの空撮も可能な時代です。僕はこの状況にワクワクが止まりません。空撮は写真をやっている人からしたら一度は夢に見るものではないでしょうか。それがこんなに簡単にできるなんて。ドローンの次はどんな技術が出て来るのでしょう。楽しみで仕方がないです。

 

 

 

何が言いたいかと言うとドローンの撮影めっちゃ楽しいがな。です。

 

 

 

 

 

 

 

今日初めて琵琶湖で撮影しました。MicroSDカードをまだ購入していなかったので、撮影は諦めて操縦の練習ばかりしていたのですが、なんとMavic 2 proは機体に8Gほどのメモリーが付いていると最近知りました。そしたら今まで撮ったつもりではなかったけど撮れていた写真や動画がいくつか出て来ました。アホな顔して写ってる僕の動画も何個か 笑

 

 

 

これからも新しい技術は積極的に取り入れていきたいですね。

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki