写真は光遊び

2018/05/29

セルフポートレート at AKIZUKI gallery

 

 

朝早く、普段はたくさんの車が行き交う北山通りもひっそりとしている中、スタジオの窓から降り注ぐやわらかい朝日の中、、、に撮ったものではなく夜の10時に撮影したものです 笑

分かる人には首の影で分かるかなと。朝日にしてはちょっと影が強いよね。

 

 

AKIZUKI galleryではコメットさんのモノブロックをつかっているのですが、今日は晩御飯の後にモノブロック一灯(モノブロックストロボ一個って意味ね)でライティングの練習テストをしていました。ついさっきの話です。

 

 

コメットさんのモノブロックストロボ

 

 

写真は光遊び。光を変えるだけで印象がどんどん変化します。何度やっても楽しいです。毎日のように試してみたいライティングが思いつきます。

 

 

今日はHANANINGEN KYOTOの撮影でも今までにしたことないライティングを試しました。ちょっと大掛かりになったけど、毎日同じだと撮る本人も飽きてくるし、きっとたくさんのHANANINGENの写真をみているお客さんもマンネリ感を感じると思います。

 

 

肝心のライティングは写ってないや 笑

実際は僕の後ろに一灯とモデルさんの後ろに一灯

 

何度も発芽されているお客さんと

今日は青の紫陽花

 

 

では今日の光遊びをみていきましょう。

 

 

これはただのテスト

偶然にもフィルム調に撮れる

 

ストロボを直接モデルへ向ける

後ろに強い影が出る

 

ストロボを天井に向けて(天井バウンスと呼びます)、

ストロボのフードを外して撮ったもの

フードで遮られるはずの光が

直接モデルに当たっているので後ろに影ができる

 

ストロボにフードをつけた天井バウンス

天井に当てた光が拡散してモデルに当たるので

背景に強い影ができない

しかしなんちゅう髪型や

ここから謎にスリッパを脱ぐ

 

同じく天井バウンス

無駄に髪の毛の分け方を変えてみたりもする

 

天井バウンスの猫

 

天井バウンス without レフ板 with 猫

どこみてるねん

 

天井バウンス with レフ板

左ほほの影が薄くなっているのおわかり?

 

天井バウンス with レフ板 with 室内照明ON

 

仕事中の社長

 

猫に乗られる嫁

 

 

自然光で屋外での撮影ももちろん楽しいけれど、最近はもっぱらAKIZUKI galleryでどこまで光を作り込めるかを調べるのが楽しいです。とりあえずAKIZUKI galleryの壁を全部真っ白にしたいです(今はよくわからない色)。今の色も悪くはないんだけどね。

 

 

明日は花ちゃんの生まれ故郷である”にくきゅうさん”へ。猫の撮影のお仕事です。

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload