出し惜しみしてる場合じゃない

2018/04/01

Germany in 2015

with NikonFM3A

 

 

今日も朝からポートフォリオの写真選定作業をしているのですが、作業内容としては今まで大量に撮った写真の中からSNSやブログにアップする用に1軍の写真たちは既にパソコンのフォルダに移動させていたので、その1軍の写真たちの中からさらに選りすぐりの超1軍を選ぶ作業をしています。もうね、これは死ぬ。辛すぎるこの作業 笑。旅写真だけでも1軍フォルダには数百枚入っているんだけど、ポートフォリオのためになんと28枚に選ばないといけないんです。あなたに子供が100人いるとしてその中から3人だけ選べますか?無理でしょ。どの子にも愛があり、思い出があり、歴史があります。

 

 

選定作業をしていると、1軍全てにもう一度目を通すのですが、見れば見るほど俺ええ写真撮るなー。これはやり方さえ間違えへんかったら絶対これだけで食っていけるやん!と自画自賛。いやいや不安もあるんですよ。怖いですよ。笑われたりバカにされたり見下されたり上手くいかなかったりするんじゃないかと。でもそれでもやっぱり自分の写真に対する愛が止まらないんです。好きすぎる。

 

 

そら、普通に考えたら僕より写真上手い人なんて世の中プロアマ問わずわんさかいるやろうし、僕もまだまだ伸び代あるんやろうけど、それでもこれは需要ある!と謎の自信を持ち始めました。僕が尊敬する方の一人に心屋仁之助さんがいるのですが、仁さんもこうおっしゃっています「出し惜しみなんてしてる場合じゃない」と。ほんまにそう思います。

 

 

心屋仁之助 独演会 日本武道館 in 2017

with Hasselblad 500c/m

 

 

出し惜しみって言うか、全部出したいけど絞らなあかんのや!と謎の抗議がフツフツと湧いて来ますが、ほんまに人間生まれて来た以上自分の能力魅力は出し惜しみしている場合じゃないと思います。命の出し惜しみは重罪です。

 

 

これからも全力で自分の人生(自分の写真)に向き合っていきます。

 

 

春のキャンペーン撮影に関しては本日(4/1)の21時頃公開しますね。今内容をつめていますのでしばしお待ちを。

 

 

Germany in 2015

with NikonFM3A

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki