TRANSITにメールを送りました(震えた)

2018/02/06

Iceland in 2017

 

 

ざっぱーーーーん。今の気分こんな感じです。震えながらTRANSITの編集部に営業のメールを送りました。正直な話頭の片隅では「どうせ無理に決まっている」と思っている自分がいます。なんてったってあんなにも著名な写真家やカメラマンさんが活躍されている雑誌ですから。僕みたいな星の数ほどいるぺーぺーを使う理由もないのでは。とか。実績もないし。とか。

 

 

いやいや、それでもやりたいことには違いはないんです。ここ躊躇ってどうするねんと自分を奮い立たせメールを送りました。正直な話たかがメールです。「震えながら」というのも大げさか。向こう様からしたら毎日のようにくるカメラマンからのメールの内のただの一通かもしれないし。考えすぎる必要もないかと思い送りました。

 

 

旅系の雑誌で使ってもらうためには対面でポートフォリオ(作品集)を見てもらわないと厳しいよ。ポートフォリオ送ってもたくさんのカメラマンから送られて来たポートフォリオ棚にしまわれて終わりよ。TRANSITは特に倍率高いよ。なんて話も本で読んだり、ネットで見たり、他のカメラマンの方に聞いたりしているので、このメール1通で僕の夢が叶うとは思ってはないけど、それでも今できることを半歩一歩進めることは出来たと思います。

 

 

今日は時間の関係でTRANSITしか送れなかったけど、また明日以降順次他の雑誌にもメールを送らせていただこうと思っています。

 

 

どーなることやら俺のカメラマンライフ。

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki