写真初心者と雑誌編集者の知人がいらっしゃる方へ

2018/01/25

On the way to Hong Kong in 2017

写ルンです

 

 

 

最近以前にも増してレタッチを奥深く学んでいるといろんなところで書いていますが、参考書だけでなくさまざまな講座にも参加していたりもします。先日も京都天狼院さんでの講座に参加させていただきました。とても多くを学べた(ある意味)衝撃的な1日でした。

 

 

 

レタッチを進めていると聞いたこともない言葉、聞いたことはあるけど正確に意味を理解していない言葉が頻繁に出て来ますがその度にネットで検索します。その言葉の意味を知れるとワクワクします。

 

 

 

最近いくつかの言葉を調べていたら出会ったサイトを今日はご紹介しようと思います。

 

 

 

まずはその名の通り一眼レフ初心者向けのサイトです。内容がとても分かりやすいです。ややこしい言葉やカメラの仕組みなども説明されているようなので、カメラ初心者の方にはとっても心強いサイトだと思います。僕みたいに写真を10何年やっている者でも有益な情報はありました。カメラ買ったけどまだまだ使い方や用語がよく分からない方はこちらで勉強してみてはどうでしょう。

 

デジタル一眼レフ初心者入門講座

 

 

 

ある程度カメラのことは分かってて、Photoshopのレタッチを少しずつ学んでいるんだという人はこちらのサイト。このページは「Photoshop 色調補正ゼミナール」という全23回のシリーズの第一回めですが、このShuffleというサイト自体がカメラマンに嬉しい情報満載です。Photoshopの基本である色調補正を学んだ後はShuffle内の他の記事にもぜひ目を通して見てください。

 

Shuffle

 

 

 

そのうち月一くらいのレタッチ座談会とかやりたいな。みんで画像を持ち寄って、プロジェクターで(まだないけど)「俺ならこの機能でこう仕上げる!」とか「私ならこの雰囲気にするかな」とか。新しい機能も知れるだろうしお互いにいい刺激になるでしょう。写真を通して友達も出来るかと。ふむふむ楽しそうだ。

 

 

 

さて、そんなわけで、全く話変わりますが、今僕は旅系雑誌や情報誌などの撮影のお仕事をしたいと思っております。もちろん今まで通りプロフィールやポートレートも撮りますが、「紙媒体」という新しいことにチャレンジしたいです。もしどなたか依頼したい仕事や仕事を紹介してくれそうな方をご存知の方がいらっしゃったらぜひご紹介ください。

 

 

 

よろしくお願いいたします!!応援してください。

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload