僕が撮影する意味を考える日

2017/12/18

Nepal in 2001

 

 

 

ただただこの素晴らしい世界を伝えたい。素晴らしい人達、素晴らしい文化、素晴らしいパフォーマンス、素晴らしい技術。

 

 

 

昨日今日と久しぶりに東京に行っていました。メインの目的はXICO(ヒーコと読む。写真をやっている人は要チェックです)主催のセミナーに参加するためでした。自然光を使っての撮影のセミナーでした。初日は9時頃に東京に着いたので皇居あたりをぷらぷらしてから奥山由之さんの写真展を観に行きました。開催されていたGallery 916が本当に素敵な空間で、奥山さんの作品からもたくさんの刺激をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

二日目(今日)は朝から築地市場をふらっと見に行き、うまい寿司を場外市場でいただきました。大将がすてきな彦兵衛寿司さん。ふわふわのアナゴが最高にうまかったです。築地市場で働く男達はみなかっこよく生き生きとしていました。築地の活気もまた刺激的でした。途中おじさんに写真も撮らせてもらいました。

 

 

 

その後、僕の夢でもあるTRANSITを出版されている講談社の本社を見に行き(中には入れなかった)、本社の写真を撮り、僕の携帯の待ち受けになりました。TRANSITで仕事が出来るようになるまでこのままでいこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

講談社は中に入れなかったのでそのまま、新宿の西口を出た中古カメラ屋を周り、中古の広角ズームレンズを買い数年ぶりに東京に単身赴任中の大学時代の友人に会いに銀座へ。

 

 

 

 

 

 

彼との会話で夢の話になりました。彼と夢の話をしている間に自分が写真で何をしたいのかなぜ写真を撮るのか、なぜ生まれてきて今なぜ生きているのか考え、帰りの新幹線の中でも一人考えていました。僕はいわゆるアーティストではないので自分から湧き出るメッセージを表現したいとは思わないんだけど、目の前にある素晴らしい光景を自分の写真を通して知ってもらいたい欲があることに改めて気づけました。TRANSITなどの旅系の仕事がしたいのもきっとそういう理由からだと思います。

 

 

 

そう考えると自分が写真を撮る理由はアートではなく報道により近いものなんだと思う。被写体と鑑賞者の間に自分が入ることでその2つを繋ぐことが出来る。そんな写真家になりたいです。これからも目の前に繰り広げられる素晴らしい光景を伝え続けたいです。

 

 

 

そんな僕の身近な撮影は明日のこのイベントです。ダンサーのkikiさんとのご縁で撮影させていただけることになりました。今から非常に楽しみです。

 

 

 

SHANTI HOURS 2

 

◆日時/Date
2017年12月19日(火曜日)
Tue.19th December 2017
OPEN 18:30
START 19:00
END 22:00

◆会場
Batterring Rum
(バターリングラム)
〒604-8242 京都府京都市中京区柳水町
090-1594-6633
https://goo.gl/maps/2vwMezynYB62
<アクセス>
・京都地下鉄「烏丸御池」徒歩6分

 

◆参加費/Ticket
Advance ¥3000
Door ¥3500

 

詳細はこちら

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload