安心して撮影に挑むには

2017/11/24

詩仙堂

 

 

 

撮影において下見はとても大切なことだと思う。もちろん時にはぶっつけ本番で撮影を始めないといけないこともあるだろうけど、時間があるなら下見をオススメします。理由はほんと簡単で自分が安心できるから。出来れば撮影と同じ時間帯に行くのがいいですね。光の具合も見れるし、観光地だと人出も見れる。

 

 

 

今まで初めての土地でぶっつけで撮影を何度もしたけど、この道を進んだ先がどうなっているのか分からない撮影はドキドキでした。そんな撮影はライブ感があるから偶然の出会いが楽しいのは楽しいのですが、やっぱりちょっと心配もありますね。プライベートな作品撮りならまだしも、仕事の撮影となるとちょっぴり怖いです。なので下見して自分を安心させてあげましょう。

 

 

 

今日は明後日の撮影の下見に行って来ました。友達からのご縁で日本に旅行中のシンガポール人夫婦の撮影をさせていただけることになりました。京都っぽい場所で日本旅行の思い出を作りたいとのことです。何個か観光地を一緒に回って撮影をする予定です。が、天気予報は雨。どうなるんでしょうね。またご報告させていただきます!!

 

 

 

京都の紅葉は今がいい感じですよ。

 

 

 

詩仙堂

 

 

 

 

 

 

 

 

圓光寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鷺森神社

 

 

 

 

 

曼殊院

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload