早起きが何文の特になるのかは分からないけどなんかいいことが起きそうな気がするのでオススメっす

2017/10/10

Hawaii Island in 2017 with Hasselblad 500c/m

 

 

いったい早起きは何文の徳になるのでしょう???

 

 

 

ネットで軽く「早起きは三文の徳」を調べると、「三文」とは、一文銭三枚のことで「ごくわずかな」という意味だとか。例えわずか三文だとしても、得るものがあるということで、朝寝を戒める意味を込めて使うらしい。 元々は「早起きしても三文ほどの得しかない」という意味で使われていたとも言われていて、「徳」は損得の「得」と同じ意味で、「早起きは三文の得」とも書くとか(諸説あるっぽい)

 

 

 

まあ何文の徳でもいいんだけど、とにかく早起きすると、その日の活動時間がかなり長くなるので朝から自分のやりたいこと(ワクワクすること)を始めるととても充実した1日になるのは明白。全人類5時に起きなさい。(俺は5時半に起きた。。。)

 

 

 

 

 

San Francisco in 2015 with canon6D

 

 

ここ最近、早朝にPhotoshopの勉強を進めています。もともとPhotoshopは全然使えなかったんだけど、1年半前にフォトグラファーとして開業してから独学でもなく適当に使うようになっていた。適当に使っていたもんでそのレベルも所詮「適当レベル」。HANANINGENのレタッチは必要な機能はある程度決まっていてるんだけど、それでは飽き足りず、レタッチのレベルでもさらに上を目指すため、独学で一からPhotoshopの勉強を始めたんだけど、これがやっぱり面白い。

 

 

 

2年ほど前に市販の参考書を見ながらLightroomの勉強を独学でしていた時もそうなんだけど、1つ1つソフトの仕組みや新しい機能を知れるのが嬉しかったし楽しかった。あのレベルが上がっていく感じたまらんな。

 

 

 

 

 

カウンセラーの上さん in 2016 with canon6D

 

 

何かを勉強するときにはその動機が重要になってくると思う。誰かに認めてもらうためや、資格で武装するためや、「おもんないけど必要だから!」という理由では学びは身につかない。少なくとも僕の場合はそう。学生時代、会社員時代も何度か新しいことを勉強したことがあったけど、大抵上記の理由で始めたことは長続きせずに終わる。勉強中に寝てしまう。「これがあったら就職に強いから」とかは最低の理由だと個人的には思っている。

 

 

 

やはり動機で大事になってくるのは、「これを習得するとこんなことも出来るようになるだろうし、あんな仕事の案件も受けられる!やば!超ワクワクする!」とそのスキルを身につけた後にどんな楽しい未来が待っているかだと思う。

 

 

 

「Toeicで800点以上目指します!」「看護師になりたいんです!」その動機はなにか。もしその理由が「転職に有利だから」とかだったらなんとも濁ったものを感じる(感覚的な発言ですまん)。はたから見た時の「真っ裸の自分に自信がない感じ」や「資格があるからこそ自分には価値があるんだぞ」という姿勢もなんとも悲しいものだ。

 

 

 

余談ですが僕のToeic最高点は850点だ。日本人にしてはまあまあスゴイぞ 笑

 

 

 

Toeicの点数が欲しいから英語を学ぶのではなく、英語を習得できたら海外旅行に行った時もその国の文化を学べるとめちゃめちゃ楽しいし、仕事で海外飛び回ることもできる!!看護師になるのも、生活の安定や転職に有利なためではなく(もちろんそれも大事なのは分かる)、看護師になれたら医療の現場で人の役に立てて(他人に認めてもらうためではない)、やりがいのある職に就ける!!といった動機だとその学びも本当の意味で自分を豊かにしてくれるのだと思う。

 

 

 

何かを学ぶならその動機がなんなのか、自問自答を繰り返さないまでも一度はした方がいいかもしれないですね。とか言ってたらこんな時間だ出かける準備しなきゃ。

 

 

 

今日は勉強する時間ないや 笑

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki