よくある素直さの履き違え

2017/09/29

花ちゃん at home with iPhone6s

 

 

 

京都の朝は寒いですな。室内は半袖でいけますが外はかなり寒いです。なめてたらまた香港旅行の二の舞になるところだ。もう風はひきたくない。養生ほど時間の無駄はないものです。

 

 

 

さて今日も早起きしたからお決まりの花ちゃんです。これいったい誰が見たいの??いやいや見たいんじゃないんです。見せたいんです。花ちゃんを。好きなものを自慢したい気持ちってほんと子供ですよね。こんな絵が書けた!新しい自転車買ってもらった!うちの猫かわいいでしょ!全部おんなじです。子供です。

 

 

 

子供力ってほんと大事。子供のように素直に生きるのってほんと大事。よく大人が子供になんか言って、子供がその通りにしたら「◯◯ちゃんは素直だね〜」とか言う場面があると思うけど、これって本当の意味で「素直」とは限らないと思う。

 

 

 

「素直」って人の言うことをそのまま聞き入れることじゃなくて、自分が感じたままに行動することだと思う。誰かの言ったことを本当はやりたくないのにするのは全然素直じゃない。人からアドバイスを受けた時に「それは素晴らしい!」と思ってその通りにするのは素直だけど、「うーんなんか違う」と感じたのに言われた通りにするのは素直じゃない。「うーんなんか違う」と感じたならたとえ自分の目上の人のアドバイスであっても、「その意見は採用しない」というスタンスが本当の意味での素直なんだと思うなと。

 

 

 

あれ、今日なんの話ししてんだろ?笑

 

 

 

最近どんどん自分が子供っぽくわがままで素直になってきているような気がするからこんなことを書いているんだと思います。嫌なものは嫌、嫌いな人とは喋らない、楽しくないのに楽しそうにしない、誰の意見でも違うと思えば反対する、そんな生き方になってきたなと。

 

 

 

そうですまるで花ちゃんのようになってきました。

 

 

 

あ。6時だ勉強しましょ。

ではまた〜

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めて見上げたら棚の上から覗き込まれていた 笑

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload