「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」のお花は?

2016/11/14

アネモネ

 

アネモネの名前はギリシア語の「anemos」という言葉に由来します。

anemosmは「風」という意味で

アネモネは英語でwindflowerといいます。

春になって風が吹き始める時期に花を咲かせるため

このような名前がついたそうです。

 

そんなアネモネの花言葉は

「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」

など。

 

色によっても花言葉が変わってきます。

 

どの花言葉も少し悲しい感じのものになり、

ヨーロッパでは古くから美しさと儚さの象徴とされてきたようです。

 

 

花びらはとても柔らかく、

その儚さが伝わってきます。

 

HANANINGEN KYOTOでは赤、紫、白のアネモネが

ここ数日ありまして、

どれも人気でした^ ^

 

仕入れるお花は季節によって変わります。

こんな時期にアネモネやアジサイがあったりもします。

 

今日はコットンフラワーを仕入れました。

これがまた可愛いんです^ ^

 

コットンフラワーはまたの機会にご紹介しますね!

 

 

 

◯HANANINGEN KYOTOホームページ◯

http://www.hananingen-kyoto.com/

ご予約はこちらからお願いします。

 

※一部のスマートフォンではエラーになるようです。

リンクをコピーしてfacebook以外から

アクセスしてみてください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload

© 2018 Takeshi Akizuki