Hasselbladを修理に出すならココ!

2016/10/21

 

いきなりですがこれ何か分かりますか?

 

これはHasselbladというスウェーデン製のフィルムカメラの部品で、

この中にブローニーフィルムという

ちょっと大きめのフィルムを入れるための「フィルムマガジン」と言うものです。

 

お尻の部分に付いてるのがフィルムマガジンです

 

 

ハッセルブラッドは中判カメラの王様ともいわれている名機で、

僕は3年ほど前からプライベートな撮影のメイン機として使ってます。

 

僕のハッセルはもう41歳にもなるんですが、

しっかり動いてくれています。

 

がしかし、さすがに部品の中には消耗品もあり、

定期的なメンテナンスが必要ということで、

今回は埼玉にあるCameraTech21さんに

フィルムマガジン2つをオーバーホールに出しました。

 

CameraTech21さんはハッセルブラッド専門の修理屋さんで

ハッセル用品の販売もされています。

 

まずは電話で異常個所を伝えるんですが、

対応もとてもとても丁寧にしていただいて

本当に安心できるお店だなと思いました。

 

フィルムマガジンのオーバーホールは1個21,000円と少し高額ですが、

永く使おうと思うと丁度いいタイミングだったと思います。

 

僕のは交換部品も少しあったので二つで56,000円ほどしましたが、

新品になって帰って来たようで気持ちがとてもスッキリです^ ^

 

クラシックカメラは丈夫な物が多いですが、

中身はとても繊細ですので、

信頼できる修理屋さんを探すのも一苦労ですよね。

 

ハッセルブラッドを持ってて

修理屋さんを探している方がいたらCameraTech21オススメです!

 

CameraTech21

TEL/FAX 048-536-7050

まずはお電話でお問い合わせください

 

 

 

◯HANANINGEN KYOTOホームページ◯

http://www.hananingen-kyoto.com/

ご予約はこちらからお願いします。

 

※一部のスマートフォンではエラーになるようです。

リンクをコピーしてfacebook以外から

アクセスしてみてください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload

Please reload