心配事の9割は起こらない

2016/08/17

Nepal in 2001

 

 

 

ブログ更新しすぎ?笑

 

ちょっと楽しくなっちゃってつらつらと書いてます^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は朝からHANANINGENのスタジオ関係の用事、

 

装花の訓練、ブログ書くを繰り返してる。

 

それにしても装花は楽しいです。

 

何度やっても毎回必ず違うデザインになる。

 

 

 

 

 

なんだこの写真は 笑

 

 

 

札幌と東京を合わせて既に7,000人もの方が発芽されたそうですが、

 

デザインが被るってことはないんでしょうね。

 

毎回その人に合ったデザインが出来上がる。

 

このライブ感もHANANINGENの魅力の一つなんだと思うんです。

 

HANANINGEN KYOTOのオープンまで毎日訓練しますよ〜〜〜

 

HANANINGEN KYOTOのご予約はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は旅に戻って、

 

そもそもネパールってどこにあるか知ってますか?

 

 

 

 

 

 

インドの北にありますよ。

 

ヒマラヤ山脈への登山はネパールから行く方もたくさんいるようです。確か。

 

チベットからも行けるのかな?僕は山は詳しくないから分からんけども。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

今では留学をしたこともあり英語を話せますが、

 

2001年のこの旅では全くほんと全く英語喋れませんでした。

 

英語が喋れない分確かに不便なことはたくさんありましたが、

 

英語を話せるようになった後の旅と比べるとその分エキサイティングでした。

 

宿で部屋をとるのも、バスに乗るのも、

 

現地人に話しかけられた時のあのドキドキも、

 

全部英語が話せないからこそあったものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、英語が話せないことで悔しい思いもいくつかしました。

 

一番は旅先で出会った英語圏からの外国人に

 

優しくしてもらったのに意思の疎通が全然できなかったこと。

 

申し訳ないような悲しいような悔しいような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はオーストラリアのタスマニアへの語学留学はこの旅の最中に決めました。

 

英語が話せたらもっと海外旅行が楽しくなる!ってのが動機。

 

いい会社に就職できるとか自分の能力を高めたいとか

 

そんな考えはなかったな。

 

この楽しい海外旅行をもっともっと楽しいものにするには英語が必須だと思った。

 

完全に遊びのために英語の勉強をすることを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学卒業しても働く会社が決まっているわけでもないし、

 

コネでどっかに就職できそうでもない。

 

やりたい仕事もない。

 

就職を後回しにしたかったのかもしれない。

 

そんなこんなでこの旅のあと、大学を卒業して、

 

留学資金を貯めるために1年間フリーターをしてひたすら貯金しました。

 

 

 

 

 

火葬場

 

 

 

そうやって考えると今の自分があるのは

 

本当にこの旅に出る決断をした時からあるんだなと思います。

 

この旅の重要性を改めて実感しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕もこの旅に出る時は少し怖かった。

 

なんせ海外行ったことないのに

 

初めての国がまだまだ発展途上国のネパールとインドだし、

 

英語は喋れないし、お金も余裕があるわけではない。

 

しかも一人だし。でもやっぱり行ってよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の怖いことって大抵怖がる価値もないものなんだと思います。

 

それは今でも思う。留学から帰ってきて就職して10年程勤めたけど、

 

飽きてきて辞めようと思った時もやっぱり怖かった。

 

でも勇気出して飛び出したら、今なんとかなってる 笑

 

なんとかなってるどころか、好きな写真で飯食えてる。

 

 

 

なんて顔だ 笑

 

 

 

 

 

もちろん安定もしてないし、収入に余裕もない。

 

今はHANANINGEN KYOTOのことにかかりっきりだから

 

今月の収入なんて10万もないんじゃないかな。

 

でもやりたいことに向かえてるって実はそれだけで幸せなんだ。

 

 

 

ヒマラヤの山々。。。のはず。。。

 

 

 

 

 

HANANINGENだってオープンしてもどうなるか分からん。

 

予約も全部埋まってるわけじゃないし、

 

スタジオだって作るのにめっちゃお金かかってる 笑

 

労力もはんぱない。

 

でもなんていうか全然辛くない、しんどくない、

 

ちょっぴり怖いけど、ワクワクがどうしても勝っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この生き方で間違ってないって自信を持って言える。

 

僕はバカだから世間でよく聞く

 

「心配事の9割は起こらない」って言葉を信じきってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は旅と写真を通して、

 

勇気出して一歩踏み出しゃあ人生なんとかなる

 

ってことを伝えたいのかも。

 

外国の写真ってもちろん外国に行かないと撮れない。

 

でも行ってしまうと僕みたいなど素人が撮っても実はそれなりに絵になる。

 

写真の世界では海外の写真は3割増でよく見えるってことが

 

ちょっと皮肉っぽく言われてるんだけど、

 

3割増でよく見えるなんて、

 

なんてラッキーなんだ!とか思っちゃう 笑

 

 

 

 

 

なんの博物館だ 笑

 

 

 

あ、また話しそれたけど(笑)、

 

要は海外の景色を写真におさめたかったら

 

海外に行くしかないんですよね。

 

夢叶えたかったら夢に飛び込むしかないんです。

 

んで、飛び込んだらいろんな人頼りまくってなんとかなりますよ 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃネパールの話から逸れたけど、まあよい。

 

もともと僕の旅は目的地なんてないんだから

 

旅写真のブログなんて着地点見えてなくてもよいだろう。

 

 

 

こんな感じでのんびり行きましょ

 

 

 

さて、一つ記事書いたから、またお花の練習しようと思います( ̄^ ̄)ゞ

 

HANANINGEN KYOTOのご予約はこちら

 

 

 

Please reload

最新記事

2019-3-09

Please reload